へなちょこな人が何か書いてます
2015年03月11日 (水) | 編集 |
まぁ、今更感があるんだけど

PS4の大まかな性能とパーツの価格とか見ると

グラフィックがRadeonHD7850~7870ベースとなってて
発売当時の7870の価格がだいたい35000円前後(2012年4月頃)
PS4の発売が2014年2月としても、グラフィックボード単体でも15000-22000円くらいだったみたいです。

ちなみにRadeonHD7870の性能は、Geforce換算するとGTX570よりちょい上くらいです。

メモリ8GB 価格の上下はかなりあるものの、現時点の価格だと8千円くらい

HDD500GB(2.5インチ) こちらも現行価格だと5000-6000円くらい

BD/DVDドライブ 再生専用としても最低でも5000円以上

そっからCPUやら、各パーツの値段とか色々乗せたとして、3万ちょいになると思うんですよねー。

互換性についてもPS-PS3の全てのゲームが動くようにして欲しいって思う人も大勢いると思うけど、それやっちゃうと・・・下手したらPS4本体価格10万とかシャレになってない価格になる可能性もあるんだよね。

ネックはPS3の独自CPUなんだけど・・・もちろん他に色々あります。

個人的には、SEGAが昔やってたメガドライブにメガアダプターを追加させてソフト互換させるとかってのをPS4でやってくれれば、面白いんですけどね

PS4を単純言えば・・・ミドルレンジのPCくらいの性能はあるって事です。

4万円・・・確かに高額なんですけど、PCまでの性能はいらないけどオンラインゲームとかしてみたいって思う人にはいいのかも。

PS4独占タイトルとかキラーコンテンツが充実するまでは、日本じゃ普及しにくいんでしょうけど、トータルで見るなら、PS4の単価って妥当かなと個人的には思う。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック