へなちょこな人が何か書いてます
2016年10月11日 (火) | 編集 |
もうすぐ登場のSkyrimSpecialEdition
動作環境が発表されましたねー

最低必須環境
Windows7/8.1/10 (64-bit Version)
Intel i5-750/AMD Phenom II X4-945.
8GB of ram.
12GB free HDD space
NVIDIA GTX 470 1GB /AMD HD 7870 2GB

推奨以上環境(注釈あり)
Windows7/8.1/10 (64-bit Versionしか対応していません。32-bitは動作不可)
Intel i5-2400/AMD FX-8320.(推奨以上のCPU環境です)
8GB of ram.(8GBのメモリとありますが余裕を見るなら16GBは欲しいかも)
12GB free HDD space(最低限12GBなので、今後MODで増えるので余裕を持っておく方がいいかと)
NVIDIA GTX 780 3GB /AMD R9 290 4GB(グラボのメモリは最低でも2GB以上無いとキツイと思われます。理想を言えばGTX970以上になるのかもしれません)

PC版のいいところは、当然MODの対応速度と開発だと思います。
そして何より、今まで自分が作ってきた世界は、そのままSkyrimで継続して残る(MODとかもです)
Special Editionバージョンは新しく無料で配信されるので、SkyrimとSpecial Editionとで棲み分けが可能というところですね。
但し、HDD容量は12GB*2の24GB(MODとかあるとそれ以上)必須となってくるので、容量に注意ですね。

TES6の情報も今後出てくるでしょうし、それまではノーマル版とSE版を遊び倒すのもいいかもです。

Skyrim Special Edition無料配布条件
SteamでThe Elder Scrolls V Skyrim Legendary Editionが登録されている事が条件です。
The Elder Scrolls V Skyrim Legendary Editionですが、各種DLCを全部購入してる場合もOKです。Legendary Edition扱いとなるため!但し、DLCが全て揃って無い場合はNGですので注意が必要です。

Skyrim Special Edition発売前に、SteamのセールとかでSkyrimがあれば購入しとくといいかと思われます。

詳細は割愛させていただきますが、鍵屋・オークション販売等での購入及び保障は自己責任です^^;

スポンサーサイト