へなちょこな人が何か書いてます
2016年08月07日 (日) | 編集 |
さてさて、今月の2日にWindows 10 Anniversary Updateがありました。

これは、何かというとXPとかを例にすると、サービスパック・・・所謂SPの分類に入る大規模アップデートです。

単純にどうなったの?って部分ですが、一部機能の追加や不具合の修正があったようです。

UIの一部も改訂されてるっぽく、Win7時代のスタートアップに若干戻ってるような??

まぁ、アップデートは自己責なので、Anniversary Updateを導入するかどうかは、自分で判断してください。

また、今回のAnniversary Updateにてメディア作成ツールの内容もWindows10 Version1607に上がっています。

クリーンインストールを考えてる人は、メディア作成ツールにて、最新版のデータを落としておいたらいいかと思います。

メディア作成ツールはこちら
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

MSのHPからツールを今すぐダウンロードをポチっとすればOK
ダウンロードしたツールを起動させて進めたら、USBかISOと選べるので自分の好きな媒体にデータを残しておけばいいかと思います。

USBメディアなら8GBくらいの容量が空いてたら問題ありません。
ISOファイルの場合はDVDかBlu-rayに焼いておけばOK

メディア作成ツールで新しくクリーンインストールした場合は、Anniversary Updateパッチが適応されているVersion1607でのインストールとなる点も注意です。

MSの思惑かどうかはわかりませんが、今回のメディア作成ツールで作成したUSB・ISOデータでのクリーンインストールした場合に、過去のOSの7/8/8.1のプロダクトキーが使えているようです。(今までは無料アップデート期間の1年があったので過去OSのライセンスの引継ぎもあったのですが、今後も続くのかどうかは不明・・・)

但しクリーンインストールなので、ダウングレードもできませんので、要注意です。Win10にアップしようかと考えてた方は、この方法で無料アップができるっぽいのですが、導入は自己責任でお願いします。
スポンサーサイト